不動産 業界 怖い話

これは僕が熱海のホテルで体験した怖い話。 数年前まで不動産業界で働いていた僕は、 ある時、熱海で行われる業界団体主催のセミナーに参加するため出張した。 宿泊場所は会社に用意してもらっていた。 宿泊施設が多い熱海の中でも、最大規模の客室数を誇るホテルだった。 【怖い話】おじいちゃんの話 2chの怖い話一覧 2019.3.6 【怖い話】8年前の話 実話の怖い話一覧 2020.1.15 【怖い話】動物に関する不思議な体験 2chの怖い話一覧 2018.1.3 【怖い話】昔田舎で起こった怖い話 実話の怖い話一覧 2018.2.18 【怖い話】狐憑き 今後のライフプランをしっかり考えずに生きていた私... かつて、日本では不動産は「不動の資産」でした。どんな不動産でも必ず値上がりし、投資案件として扱われていたのです。しかし、近年そういった不動産... 不動産の売却にしても、購入にしても、「タイミング」が大切です。 しかし、実は売却に適している時期と購入に適している時期は異なるのです。今回は、そのタイミングについてご紹介します。 ◆目次◆ ①不動産「売却」のタイミングは... どうも、ダメ人間です。大学卒業後、小さい会社に就活したものの、就職先を一日で辞め無事ニートに。それ以来、定職に就くことは諦め20代後半でようやくブロガーにでもなろうかと考えているダメ人間です。 そんな私が、将来に一抹の不... 昔から、不動産はとても価値のあるものでした。しかし、その不敗神話は崩れかけているのが現状です。よく「オリンピックまで不動産の価値は上がり続ける」と聞きますが、その裏にはこんな意味も込められているって知ってましたか!? そ... 家を買うときに損しないため、もしくは所有する不動産が売れない物件だと把握するために、「損する家」の特徴を紹介していきたいと思います。 どの時代にも、需要の高い家には特徴があります。また需要のない家の特徴もあまり変わること... 連日報道されている北朝鮮のミサイル問題、直接的な危機は感じられないものの、何か重大なことが起こっていることは想像できます。今回はそういったことを含めて、安全について考える時間にしましょう。 まずメインは、「北朝鮮のミサイ... 代のご夫婦が二人で住んでおり、香川県内に住む息子夫婦と暮らせるようになったから売却したいとのことで、今は当社に売却された物件でした。, 代の老夫婦が二人だけで住んでおり、年齢も年齢ですので、現在住んでいる一軒家を売却して老人ホームへと入居したいということでした。, 訪問させて頂いた時間が夕方でしたので、老夫婦のお話しを聞いていると、いつの間にか夜の, 階から足音が聞こえてきたり、人はいないはずなのですが、小さな男の子が走り回っている姿を目撃した社員もいました。, 酔っぱらっている男性が暴れているのを仲裁に入った彼は、なんと酔っ払いが持っていた傘の先が右目を直撃して、全治. 「温故知新」。 こんにちは。 不動産で本当にあった怖い話をお伝えします。 物件を買う際には、注意してください。とんでもない事が起きます。 20代後半の後輩が、物件を購入する際に 相談した相手がなんと、私でした*(^o^)/* ️なんだかとっても嬉しそうだ 時期は7月。 「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ! 金融業だけでなく、不動産業界でも夜逃げした人に家賃を踏み倒されるという事は珍しくありません。 超怖い話 実話 短編と長編を毎日更新! ホーム 不動産業界で働いている方・不動産業界に詳しい方の裏話や本音、愚痴の投稿をお待ちしております。ページ下部の「暴露する」より簡単に投稿できます。名前の欄を空白のままで「匿名」となります。業界に関する話であれば愚痴や思った事などなんでもokです。 ¨ã®æ€–い話一覧 2018.9.29 【怖い話】加害者たちの心霊 … の中でも、最大規模の客室数を誇るホテルだった。 のお役立ち情報をツイート これらは売主が行わなくて... 不動産の売買を行なう際の契約は、原則として土地や建物の新旧所有者本人が行なわなければなりません。 不動産業界に入る人は基本的に「金を稼ぎたい」「人の幸せのお手伝いをしたい」という両極端な理由で就職する人が多かったです。 無論企業側もこのどちらを押しているので、そのような思考の若手が集まってしまうのですが、この思考と現実の2極化は就職後のの離職率に現れてきます。 不動産業界は体育会系と聞きますが、実際はどうなのでしょうか。業界経験者の方に話を聞いてきました。またこの記事の中では体育会系ではない不動産会社も紹介しています。体育会系エピソードを知りたい方はもちろん、不動産業界で体育会系でない会社を探している方もぜひご覧ください。 という四字熟語をご存じでしょうか? ... あなたは、日本の未来をどのように予測しているでしょうか? 先進国だからこれからもっと発展する? ✅さんへ優しく解説するね 先生の本当にあった怖い話. 先生の本当にあった怖い話. ±ãé–¢ã‚ã‚Šã¾ã™ã®ã§ã€è‰²ã€…な人生ドラマを見る事ができます。不幸な人の財産処分を手伝う事もありますし、新婚さんの新居探しもします。 不動産業界で働いている方・不動産業界に詳しい方の裏話や本音、愚痴の投稿をお待ちしております。ページ下部の「暴露する」より簡単に投稿できます。名前の欄を空白のままで「匿名」となります。業界に関する話であれば愚痴や思った事などなんでもokです。 です。さて、世間では2020å¹´8月28日に映画「事故物件 怖い間取り」が公開しましたね。主演は亀梨和也さんで、ある芸人が体験した怖い間取りの事故物件の話らしいですが、公式サイトには「※観覧注意※」の文字があるくらい ✅ガンバル不動産屋さ…, 不動産屋さんからの忠告!いわくつきの物件を甘く見たら危ない!ホントに怖いですから…。, 不動産取引の仕事一筋15年、仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも…不動産業界にはなんか暗いイメージがあり、このままではダメだと思っています。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人たちが楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。会社が幸せの発信基地になり、小さなHAPPYが拡がって欲しいと願っています。できることを1つずつ。コツコツ「幸せの種」をまいていきたいですね。. その日のリクエストには、同じ業界で働く、友人のyちゃんから聞いた怖い話をしました。 その手の話をする時、私はさも自分の体験談のように話すのが得意でした。 それは、こんな話です。 その日は夜12時を回った頃だったかな。 ★不動産業界 怖い話。こんばんは。仏の鬼講師です。さて、みなさんは不動産業界にどんな印象をお持ちでしょうか。ガラが悪い。怖い人が絡む。。。まあ、金額が大きいの… ¡ã‚Šã‚’していた。そこで、ある不動産屋の担当者だったaさんから「いわくつき物件」についての体験談を聞く事になる。これは、誰もが経験するかもしれない日常に潜む恐怖の話です。 不動産に関するコラム, 今回は私が不動産営業マン時代に経験した、世にも奇妙な心霊体験の数々をご紹介させて頂きたいと思います。, 実際に不動産売却の訪問時や内覧希望のお客様を物件にお連れした際に、実際に起きた本当の出来事です。選りすぐりの4選を紹介します。, これからご紹介する心霊体験は、兵庫県内にある高層マンションにて実際に起きた出来事です。, この物件は、元々50代のご夫婦が二人で住んでおり、香川県内に住む息子夫婦と暮らせるようになったから売却したいとのことで、今は当社に売却された物件でした。, めでたく内覧希望のお客様が現れましたので、私は高額物件ということもあり、意気揚々と現場へ向かいました。, 内覧希望のご夫婦は、お二人とも上品な出で立ちで、息子さんのほうも今どきの子には珍しく、カチッとした服装をしていました。, もちろん管理室では、監視カメラの映像がくまなくモニター画面で確認することが可能です。, ご夫婦にもかなり気に入って頂き、息子さんとして大学が近くにあり、進学するには最適な環境だと、非常に喜んでおられました。, 私の体感でも、まず間違いなく契約成立の手ごたえがあり、その日のうちにご成約頂きました。, お客様をお見送りした後で、管理人室にいる顔なじみの〇本さんにも軽く会釈をして帰ろうとしたところで、事件は起きました。, 「今日の契約は新人さんにもカッコイイところ見せられたね!」と〇本さんは私に言いました。, 意味が分からなかったので、よくよく聞いてみると、内覧希望のお客様3人と私を含めた4人だけのはずが、終始私の後ろをスーツ姿の男性が付いて来ていたとのこと。, 顔なじみということもあり、内緒で監視カメラを確認させてもらうと、確かに男性が付いて来ています。, 未だに謎な現象ですが、5年程前にそのマンションから飛び降り自殺をされた一人暮らしの40代男性ではないかと言われています。, 次にご紹介する心霊体験は、宮城県内にある売却予定の一軒家で実際に起きた出来事です。, 宮城県内でもいわゆる田舎のほうにあり、かなり広々とした田畑が広がっているエリアに、その物件はあります。, 60代の老夫婦が二人だけで住んでおり、年齢も年齢ですので、現在住んでいる一軒家を売却して老人ホームへと入居したいということでした。, お二人の今後の生活資金にもなればということで、なるべく高く買い取ってあげられればと私も思っておりました。, 実際に物件を見させて頂くと、築年数は30年の割に綺麗で清潔感のある状態を保っていました。, 少し気になるのは、となりに大きな墓地があり、買い手を見つけるのに苦労しそうだなという感覚を持ちました。, 実際に中を見させて頂いても、2階建てなのですが、どの部屋も小綺麗にしており状態は良好です。, となりの大きな墓地以外は特に気になるところがありませんでしたので、ご夫婦とお茶を飲みながら、となりの墓地が一体何なのかについて聞いてみました。, すると、その墓地は昔戦争があった時から存在しており、その方達の供養を今も村の方達で行っているそうです。, 昔の偉大な先人達をしっかりと供養しているからこそ、今の私達の幸せがあるのだと語っており、私は少しだけ武者震いをしてしまいました。, 訪問させて頂いた時間が夕方でしたので、老夫婦のお話しを聞いていると、いつの間にか夜の8時ごろになってしまっていました。, そろそろお暇をしなければと思い、老夫婦に今後の流れだけご説明させて頂き後日連絡を差し上げることになりました。, 「このくらいの時間になると、いつも兵隊さんが墓地を歩きながら泣いているのですよ」と。, 私は怖くなってすぐにその場から逃げ出したかった為、かるく相槌だけすると、そそくさとその場を後に帰ってきました。, その後連絡を入れましたが、買い取りができない旨を伝えると、電話越しでご主人が泣いていたのを今でも思い出してしまいます。, 次に心霊体験の舞台となるのは、岐阜県内にある山奥に位置する元々がホテルだった物件になります。, 地元では幽霊が出ると噂になっていますが、その当時はそんな噂もない頃で、普通の綺麗な空きホテルという感じでした。, 経営当初は地元でも人気のホテルで、県外からもお客様がたくさんいらっしゃるような人気ぶりでした。, ホテル戦争に負けてしまったオーナーのホテルは、わずか6年でその幕を閉じることになってしまったのです。, オーナー自身、借金苦を理由に売却を決めましたが、その売却金を元手に、また別の場所でホテル経営に挑戦したいと熱く語っていました。, 競合ホテルこそいくつかありますが、立地条件や交通の便、そして建物の状況も良好な為、高額査定をさせて頂き、納得して契約成立まで事は運びました。, 2階から足音が聞こえてきたり、人はいないはずなのですが、小さな男の子が走り回っている姿を目撃した社員もいました。, 結局その物件をお祓いして頂いたのですが、未だに買い手は付かず、今も廃墟となりその土地にひっそりと佇んでいるのです。, 会社を退職した後も、近くを通ると見てみるのですが、前にも増して異様な雰囲気を醸し出しています。, これ程の物件はそういくつも出てくるものでもないですし、状態も良好ということもあり、すぐに内覧希望のお客様が現れました。, 内覧希望のお客様は40代の男性で、転勤を機にここの土地に骨をうずめるつもりだと仰っていました。, しかし、いつもはこんなに早くから症状が出ないのだけど、と言いながら一緒に内覧予定の物件まで歩いて行ったのを覚えています。, 時間もないようだったので、残りはまた明日ということになり、その日は駅までお客様と一緒に帰るほど意気投合したのを覚えています。, 翌日になり、お客様へ時間の都合をお伺いしようと電話をしたところ、終日電話が繋がらない状態が続きました。, あの状態で連絡が不通になり、契約が流れる可能性はとても低かった為、その後も定期的に連絡はかけ続けました。, 酔っぱらっている男性が暴れているのを仲裁に入った彼は、なんと酔っ払いが持っていた傘の先が右目を直撃して、全治6か月の大怪我をしてしまっていたのです。, しかし、このようなことになるなど想像も付かず、彼に何かできることはなかったのかと後悔しかしなかったことを今でも鮮明に覚えています。. 「オバケなんて非科学的なもの信じる方がおかしい!」そう言う怖いもの知らずのあなたに不動産屋さんからの忠告です。 「不幸を呼ぶ住宅」は実在するみたいですよ…。 今日は不動産売買で起こった3つの怖いお話をします。 自分の老後を意識せざるを得ない出来事が起こったのだ。 不動産業界の暗黙のルールとは?不動産業界には一般の人の知らない「暗黙のルール=闇」があります。なんとなく「不動産業界怖いな」と思う人がいるかもしれないですが、これから物件探しなどで不動産に行こうとしている方!これを読むことで、不動産業界の暗 を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ! さぁ、今回は、私も含めて、it業界の怖い話をお届けしようと思います。 聞いた話、実際に体験した話みなさん、色々ネタをお持ちのようで、その時は大変だった思いをしたようですが、あとで笑い話になればいいんですが。。 では、ひとまず5つほどご紹介です! 私が言うのもなんですが、不動産屋は怖いです。皆様もだまされないようお気を付けください。 もう1件、ひどい話がありました。吉祥寺の土地のご契約。 まず吉祥寺の別の土地で、某大手s不動産へお申込みをしたのですが、まず担当者が「ん? 不動産屋さんの物件紹介ページ。不動産屋さんはオーナーと借り手を結ぶ仲介業を生業としているが、事故物件を紹介する際、時折尻尾を見せてしまうことがある。今回はウェブの事例から3つ紹介。オバQ、擦りガラス越しの少女、押入れの隙間から、、、 こった怖い話 実話の怖い話一覧 2018.2.18 【怖い話】狐憑き 2018/5/16 この記事では、不動産売買営業をしていて体験した、怪談的な怖いお話をご紹介します。 自分自身の経験の他、職人さん等から聞いた体験談等をまとめてみました。 不動産の仕事は、土地絡みの話や、建物にまつわる話 暑い日が続いてますね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。今日は趣向を変えて、不動産にまつわる怖い話をお伝えします。いや、厳密に言いますと、私が「こわい!」と思った実体験をお話します。※注意!※えぐい話なので、お食事中の方、怖い話や気持ち悪い 人さん等から聞いた体験談等をまとめてみました。 不動産の仕事は、土地絡みの話や、建物にまつわる話 暑い日が続いてますね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。今日は趣向を変えて、不動産にまつわる怖い話をお伝えします。いや、厳密に言いますと、私が「こわい!」と思った実体験をお話します。※注意!※えぐい話なので、お食事中の方、怖い話や気持ち悪い ... どうも、ダメ人間です。大学卒業後、小さい会社に就活したものの、就職先を一日で辞め無事ニートに。それ以来、定職に就くことは諦め20代後半でよう... 衝撃的なニュースが飛び込んできました。なんと、土地の2割は所有者が不明な「ゴーストランド」と化してしまっていることが法務省の調査でわかりまし... 家を売却すると物件を引き渡す際に対応しなければならないのが電気・水道・ガスなどのインフラ周辺の切り替えです。 意味は「昔のことを訪ねて、そこから新しい知識や見解を得ること」というものです。 ... 今回はみなさんに不動産売却において、よくありがちな失敗談やなぜそんな失敗をしてしまったのかという体験談をご紹介させて頂きたいと思います。 塾の講師をしています。生徒たちが持ってくる話、また自分自身で体験した事などを書いてみようかなと思います。4割真実、6割創作の感じで書いています。 彩図社より、僕の話が『屍春期』という題名で出版されています。 このブログではすべて自分が書いた怖い話を載せています。その他ホラー小説や映画の話題もとり上げています。 しかし、本人が病気のため行けない、本... 「固定資産税」それは、不動産を所有する者が年に一度支払わなければならない税金です。固定資産税はその年の1月1日の時点で土地や家を持つ人が市町... それは突如として訪れた。 新社会人となり、一人暮らしを決意した私は、不動産屋巡りをしていた。そこで、ある不動産屋の担当者だったaさんから「いわくつき物件」についての体験談を聞く事になる。これは、誰もが経験するかもしれない日常に潜む恐怖の話です。 ✅役立つ知識を集めて発信するよ 当方41歳、宅建主任者、不動産業界20年弱。 同じ年という親近感からざっくばらんな話を。 宅建主任資格は不動産業界では車の普通免許のようなもの。 不動産業界に限らないが、募集広告に「要普通免」とよく書いてあるでしょう? 【不動産屋さんに聞いた、世にも怖~い話】 先日、不動産屋さんから、こんな怖い話を聞きました。 飲食店を開きたいというお客さんのために物件を探していたところ、駅から近くて大通りに面しているにもかかわらず、かなり安い家賃の空き店舗を見つけたそう。 日経新聞の記事で右往左往する不動産業界 住宅金融支援機構のデータで、ローンを完済する年齢が70歳を超えるという内容です。 この記事が気に入られたのか、はたまた何かのタイミングに合致したのか、日経新聞の記事を取り上げるブログが見られました。 不動産にまつわる怖い話をしてみようかねぇ。 これは、私の知人であるT君の身に起きた話なんですがね。 T君は一人息子で、そのー、田舎の高校を卒業して、それから上京して、そこそこの企業に勤めた。 さぁ、今回は、私も含めて、it業界の怖い話をお届けしようと思います。 聞いた話、実際に体験した話みなさん、色々ネタをお持ちのようで、その時は大変だった思いをしたようですが、あとで笑い話になればいいんですが。。 では、ひとまず5つほどご紹介です! たまたま飲みの席で一緒になった建築関係の人が語っていた怖い話。「建設業界の人間にとって一番怖いのは何だと思う?」一番怖いもの・・・事故やら汚職やら爆発やら色々言ってみたが、どれも違うという。「あれだよ、御神木だよ」どうやらあれからは逃げられないらしい。 ✅業界の裏側…コッソリ教えるよ 不動産会社に勤務していた筆者が実際に体験した心霊話を紹介していきます。不動産業界にいると様々な物件に出会うため心霊経験が人より多くないます。その中から4つ紹介していきます。 延物件 いわくつき分譲住宅 自覚している限り、霊能力はゼロに等しいと思っている私が先日体験した話 … 「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ! きます。 20代後半の後輩が、物件を購入する際に 相談した相手がなんと、私でした*(^o^)/* ️なんだかとっても嬉しそうだ 時期は7月。 不動産屋さんの物件紹介ページ。不動産屋さんはオーナーと借り手を結ぶ仲介業を生業としているが、事故物件を紹介する際、時折尻尾を見せてしまうことがある。今回はウェブの事例から3つ紹介。オバQ、擦りガラス越しの少女、押入れの隙間から、、、 IT業界の恐ろしい実態を表した「本当にあったIT怖い話」のハッシュタグが話題になっています。 LANの両端を同じHUBに刺す人って本当にいるんだw. 2017/5/11 【IT業界あるある】「本当にあったIT怖い話」が本当に怖かったwww. 「オバケなんて非科学的なもの信じる方がおかしい!」そう言う怖いもの知らずのあなたに不動産屋さんからの忠告です。, 今日は不動産売買で起こった3つの怖いお話をします。事故物件をチェックするサイトやお祓いをしてくださるサービスも紹介しますのでチェックしてみてくださいね。, 不動産業界15年・宅建マイスター・2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~, これからお話する【1】~【3】は、TVで見るような本当に怖いお話ではありません。購入を検討している不動産が「いわくつきの物件」で悩んでいる人や、売却不動産で事件事故があって「売れるのかな…」と困っている人などにも、気軽に読んでもらえたら嬉しいです。, ゆめ部長が働いていた事務所から車で15分くらいの場所に、ニュースでも連日取り上げられた殺人事件の現場がありました。その土地はしばらく動きがなかったのですけど、事件現場となった建物が取り壊され、新築戸建として分譲されることになりました。知っている殺人事件現場の販売図面が回ってくると、なんとなく…気になってしまいますよね。, 近場で複数の新規現場が売りに出されたこともあり、建物が完成する頃にドキドキしながら寄ってみたら…綺麗な建物が並ぶ素敵な住宅街にしか見えませんでした。それでも社内では、「何かあるよ…あの現場。現地案内希望があっても怖いから行かない!」なんて話が出ていたのを覚えています。, ある日、TVを見ていたらこの現場が映し出され、職人さんに建築部材が直撃してしまうという悲しい事故が発生した…そんなニュースが流れていたのです。事故物件を公開する有名なWebページ「大島てる」には、この現場で炎のマークが1つ追加され、現在は2つの炎マークが付いています。, 「過去の殺人事件現場で偶然発生した悲しい事故なだけだよ。そんなこと言っていたら空襲で焼け野原になった都心部なんて買えない!」そんな意見もあるかとは思います。しかし、目に見えない「何か」を直感でキャッチしてしまったのであれば、買い控えた方がよいのかもしれませんね。, ちなみに、この現場のすぐ近くの新築戸建を案内した際、ゆめ部長がお客さまへ「実は…あそこの現場は過去に殺人事件があったんですよ。そのことも踏まえて検討してくださいね。」と伝えたら…奥さんが「やっぱり!」と言っていました。霊感がある人って本当にいるんだな…と知った瞬間でした。, 事件・事故などの情報を地図に落とし込んでありますので興味があればチェックしてみてください。なお、ゆめ部長の経験上、100%正しい情報とは言えませんので使い方には注意が必要です。, 購入検討中の不動産に炎マークを発見して心配な場合は、近隣ヒアリングをしてみましょう。ストレートに聞くのではなく「近くでマイホームを購入する予定なんですけど、このあたりで事件・事故とかありますか?」と聞くのをオススメします。できれば、おじいちゃん・おばあちゃんや自治会長さんを探してヒアリングしてみてくださいね。, 凄惨な事件があったマンションの一室を不動産会社が購入。室内をフルリノベーションした物件がありました。室内はピカピカになっていましたけど、近隣で有名な事件現場でしたから、なかなか買い手が見つかりません…。仕方なく値下げを繰り返した結果、周辺相場よりも大幅に安い「激安物件」となっていました。, お客さまが運転する車が大きい事故に巻き込まれ、生死をさまよう大ケガを負い、大破した新車は廃車に…。, 室内で飼っていたワンコたちがケンカをして、噛み付かれたワンコが亡くなってしまいました。なんでこの子が急に…?と不思議でしかたないほど、このワンコは大人しい子だったそうです。, 心霊現象なんてあるわけないけど、マイホームを購入してからこんな事故が立て続けに起こるのはおかしいよね…。もしかしたら、祟りなのかもしれない…。急にそんな不安が襲ってきたのです。, 知り合いにこんな相談があったそうですけど、残念ながら、存する覚悟で売却する以外どうしようもありませんよね…。, ゆめ部長なら恐ろしすぎて近づきたくないです。「売ってください。」と言われてもお手伝いできる自信がありません。ゴメンナサイ。, 「お化けなんているわけないだろ。」って、なんか、聞いたことがあるなぁ。よくよく思い出してみたら…そうだ、ゆめ部長の兄だ!「見えないものを見てみたい。」なんて可愛げのないこと言う幼稚園児の兄が、一人で真っ暗なお化け屋敷をズンズン進む後姿を鮮明に思い出しました。こういう人、たまにいますよね。, 最後は、ずいぶん前にゆめ部長がオープンハウス(現地販売会)を開催した、新築3棟現場・最終1棟でのお話です!, 人気エリアの完成済み物件なのに、不思議と最後の1棟がなかなか売れない現場でした。建物が完成してから3ヶ月経ったころ、知り合いの担当者さんから「200万円下げて4,000万円台にするからオープンハウスやってよ!」と声をかけてもらい、オープンハウスを開催することになりました。, 「今日は決めるぞ!」と意気込んで気合いが入りまくりのゆめ部長。真冬の寒い日にもかかわらず、外を掃除して旗と案内看板の設置が終わった時にはうっすら汗をかいていました。, この時は「あれっ?汗かいて身体が冷えたかな…?」と思うくらいで、特に気にしていませんが、思い返すと最初の違和感が襲った瞬間でした。, 「目に見えない何か」の存在を考えもせず、そのまま室内に入ってブレーカーを上げ、1階から順番に窓を開けて空気の入れ替えを開始。そして…階段を上がり2階のLDKに行ってみたら、「見慣れない茶色い物」が落ちているのが目に入りました。, 誰かが窓を開けた時に迷い込んでしまい、寒いなか外に出られず絶命してしまったようです。カワイソウ…。, ゆめ部長の実家はチワワのブリーダーをしていたことがあります。動物の死は身近なものでしたから、幽霊が苦手でもこの時はまだ怖さを感じていません。, スズメさんを丁重に処理させていただいた後、3階の窓開けと室内掃除を終えました。「さっきの寒気はこのスズメさんの魂が玄関扉から出ていったのかな~」なんて考えながら、外に出て近所の皆様へニコニコ愛想を振りまきながら待機を続けました。, この日は残念ながらお客さまの来場がなく…しかも1組も来ないという惨状に悲しい気持ちでした。だって、フルコミッションの会社なので、オープンハウスを開催するためのチラシを入れるのに5万円以上自腹を切っていたんです…。ショック!!, 16:00には外が暗くなり始め、室内に照明器具がないこの現場の内覧は厳しいと考え、17:00まで待機する会社のルールをムシして帰りの準備を始めます。, この時は、照明器具を全部屋に付けてお出迎えするというアイディアすら思いつきませんでした…。もったいなかったなぁ。(おっと…脱線しました。), 「12月なのににまだいるの!?」と思いつつ、新築現場でそのままにしておくのもアレなので、仕方なくホウキとチリトリを外まで取りに行き「追い出し作戦」を実行することにしました。, 霊感がないのに何かを感じたこと、スズメさんやGBの絶命を見たことが全部つながり、背筋が凍るほどの恐怖が襲い、心臓バクバクさせながら全速力で後片付けをしてこの現場から逃げ去りました。, 実はこの3棟現場のうちの1棟はゆめ部長が契約していました。とっても仲の良い家族だったのに、住み始めて数年でご主人が仕事を辞め、家族がバラバラに生活することになってしまったそうです。, 負のオーラが溜まっていた現場なのかもしれませんね…。お客さまの話を聞いて、すごく申し訳なく、切ない気持ちになりました。, ゆめ部長みたいに霊感ゼロの人間(ワンコ?)ですら感じるわけですから甘く見たらダメなのです!油断している人には「目に見えない何か」が攻撃的になって襲ってくるかもしれない!ということを伝えましたからね。, ゆめ部長は井戸の埋め戻しをするときは、必ず神社の神主さんにお越しいただき、水の神様へお礼をしてお祓いをするようにしています。いわくつき物件を取り扱ったことがないので、詳細な方法はわかりませんが、どうしてもいわくつき物件を売却する必要があるなら…ちゃんとお祓いを依頼するようにしましょうね。, ネットで調べてみましたら、最近は「事故物件」に注目が集まっているからか、出張で「お祓い・供養」をしてくださるサービスがありました。費用は「お気持ちで…」と言われますが、自然死3万円、自死(自殺)5万円、他殺7万円くらいになるようです。現場で亡くなった方のためにしっかり供養してください。年間3万人もの方が自死される世の中ですから、このような問題に私たち不動産屋さんも目を背けたらいけないのだと思いました。今後はお祓い・供養することを条件に引き受けようと考えています。, “不動産の「悩み・不安・怒り」を解消するぞー✨ 不動産業界の営業職は、もちろん不動産を売る事(貸す事)です。色々な人との出会いも魅力的ですし、顧客とも深く関わりますので、色々な人生ドラマを見る事ができます。不幸な人の財産処分を手伝う事もありますし、新婚さんの新居探しもします。 不動産屋を名乗ったが、早口で聞き取れず、その後は何度聞いても名乗らない。 さらに、「 契約について重要な話がある 」と脅しのようにまくしたて、とにかくドアを開けさせようとする謎の人物。 やら爆発やら色々言ってみたが、どれも違うという。「あれだよ、御神木だよ」どうやらあれからは逃げられないらしい。 1 不動産業界の怖い話1|お札がびっしりの家; 2 不動産業界の怖い話2|新築物件なのに心霊現象が; 3 不動産業界の怖い話3|隣に住民がいないのに物音がするアパート; 4 不動産業界の怖い話4|借り手が見つからないので老人に部屋を貸したら 2018年1月28日 下記記事加筆修正しました。 一般のお客様にとっては不動産業界というとまだまだ怖いイメージがあるような業界のようですので、なぜそんなイメージを持たれてしまうのか、業者側に立って考えてみました。 たくさんの業者さんと仕事をすると、「銀行マン」のような人、 … 塾の講師をしています。生徒たちが持ってくる話、また自分自身で体験した事などを書いてみようかなと思います。4割真実、6割創作の感じで書いています。 彩図社より、僕の話が『屍春期』という題名で出版されています。 2020/09/24 -短編, 不動産・物件の怖い話, 人形にまつわる怖い話 先月の半ば頃、大学の友達と呑みに行って帰りが深夜1時半頃になったことがあったんだよ。 日本に居れば安心、安全? する事のメリットってあるんですよ。今回は不動産業界に身を置く私がおすすめする理由を書いていこうと思います。 私が言うのもなんですが、不動産屋は怖いです。皆様もだまされないようお気を付けください。 もう1件、ひどい話がありました。吉祥寺の土地のご契約。 まず吉祥寺の別の土地で、某大手s不動産へお申込みをしたのですが、まず担当者が「ん? 不動産業界では本当に良く聞く話です。 そして地方ではよく 「 もんは信用できねぇ」 と言われます。 今回はちょっと怖い不動産業界の裏話をしたいと思います。 東北再生物件での出来事. 【怖い話】お狐様を連れて… 有名な怖い話一覧 2018.8.19 【怖い話】こっくりさんの怖い話 2chの怖い話一覧 2019.2.20 【怖い話】センサーライト 短編の怖い話一覧 2018.9.29 【怖い話】加害者たちの心霊 … 私は1年半東北の再生物件で費やしてしまいました。 不動産屋を名乗ったが、早口で聞き取れず、その後は何度聞いても名乗らない。 さらに、「 契約について重要な話がある 」と脅しのようにまくしたて、とにかくドアを開けさせようとする謎の人物。 ✅ホンネで語るよ

鬼滅の刃 掲載順 推移, 電動 自転車 バッテリー外す, 浅草 からあげ 食べ放題, 焼きドーナツ 型なし 小麦粉, 結婚 縁 不思議, 真田丸 無料動画 45, 浜松 市東 区 居酒屋, 東映 ロゴ Ai, 髪 切る頻度 女, マーガレット 葉っぱ イラスト, ミス シャーロック ネタバレ 4話, 小倉駅 ロータリー 駐 車場,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です