クイーン ザ ワークス

ザ・ワークス ... 今回のクイーンのボーナス・トラックを1枚のアルバムの最後に付けられるより、 こうして別けて収録することを見習って欲しい。 アルバムの世界観が壊れるので。 続きを読む. ザ・ワークスの通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.com」で!レビュー、Q&A、画像も盛り沢山。ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日お届け実施 … 販売価格 3,960 円(税込) sold out. 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. 今回はステイシー・デマルコさんのクイーンオブザムーンオラクルから、 各月に1枚ずつ、カードを引いていきました。 クイーンオブザムーンオラクル. (Official Lyric Video), アルバム紹介・解説|クイーン『カインド・オブ・マジック』——チームワークも熟達の域に達した12thアルバム!, 1986年発表のクイーンの12枚目のスタジオ作『カインド・オブ・マジック(原題:A Kind of Magic)』の発表当時、彼らクイーンはメンバーの不仲説が取り沙汰されていた。しかし、本作の発表によってその懸念は取り払れ、むしろ彼らのチームワークが熟達した域に達していることが、充分に伝わってくる。なお、本作はフレディ・マーキュリーが元気な状態であった最後のアルバムともなっている。, クイーン(Queen)の1枚目は批評家には散々だったため、2作目の本作では前作を酷評した批評家に対する意趣返しの初のコンセプト・アルバムとして制作された。彼らの気迫迫る1枚であり、大傑作である。ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズに、「死んだらQueen IIを棺に入れてくれ」と言わしめる1枚でもある。, クイーンのスタジオ盤9枚目『フラッシュ・ゴードン(原題:Flash Gordon)』は、1980年に公開されたSF映画『フラッシュ・ゴードン』の音楽を担当した彼ら初のサウンドトラックであり、ある種のコンセプト・アルバムを聴いているかのようなとても充実した内容だ。全面的にシンセサイザーを取り入れ、音を自在に操りながら、情景がイメージできる叙事詩的な音楽世界を作り上げている。, 1989年に発表されたクイーンの13枚目のスタジオ作『ザ・ミラクル(原題:The Miracle)』は、ソロ活動に勤しんでいた彼らが3年ぶりに集まって作り上げた作品で、活気あふれる力強い演奏を披露している。このアルバムの制作中にフレディ・マーキュリーは自身がHIVに感染していることをメンバーに告げたと言われている。, クイーンの6枚目『世界に捧ぐ(原題:News Of The World)』は、4枚目と5枚目で、第一次の絶頂を迎えたクイーンが、それまでの凝りに凝った音作りの一部解体を試み、奇をてらわずにストレートなロック・ナンバーで勝負した一作だ。この『世界に捧ぐ』に収録されているナンバーは「We Will Rock You」や「伝説のチャンピオン」など、名曲揃いで名盤として今も語り継がれている。, 2019年6月12日、ハシグチカナデリヤ氏のニューアルバム『遺言ロマンティック』がリリースされた。前作『超ハシグチカナデリヤ』から約2年半、ファン待望の今作はライブの定番曲からセルフカバーも収録されたハシグチ氏渾身の1枚となっている。前作は徳間ジャパンコミュニケーションズからと、メジャーレーベルからのリリースとなっていたが、今作では再び1作目と2作目と同じく、オルガエンターテインメントからのリリースとなっている。, ヨンシー、ゲオルグ等によって結成されたアイスランドを代表するポストロック/アンビエント系バンド、シガー・ロスの5作品目。2008年発売。彼ら初の国外レコーディングを試みた作品でもあり、また、初の英語歌詞の楽曲「All alright」も収録。米国では「ビルボード200」で15位を取るなど、商業的にも成功した1枚。, アルバム紹介・解説|クイーン『ホット・スペース』——賛否が分かれるクイーン流の黒人音楽を追求した10thアルバム!, 【解説】デビュー20周年!ポルノグラフィティの1stアルバム『ロマンチスト・エゴイスト』, 【解説】クイーン初のベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』は英国で史上一番売れた!, 【レビュー】ポップロックバンド・SoundCloudの1stミニアルバム「SkyDrop」, 【解説】クイーン珠玉のナンバーが収録された日本独自企画のベスト・アルバム『ジュエルズ』!, 【アルバムレビュー】ハシグチカナデリヤ『遺言ロマンティック』——前作から2年半ぶりのファン待望の1枚!, マン・オン・ザ・プロール – Man on the Prowl(フレディ・マーキュリー), マシーン・ワールド – Machines(Or ‘Back to Humans’)(ロジャー・テイラー), ブレイク・フリー(自由への旅立ち) – I want to Break Free(ジョン・ディーコン), 愛こそすべて – Keep Passing The Open Windows(フレディ・マーキュリー), 悲しい世界 – Is This the World We Created…?(ブライアン・メイ/フレディ・マーキュリー), Spotifyが友達招待キャンペーンを実施中!先着で8月31日まで、最大12ヶ月割引になる!, アルバム紹介・解説|クイーン『フラッシュ・ゴードン』——1980年公開の同名映画の音楽を担当したサントラ盤は聴き応え十分!, 音楽スタジオで働くメリットとデメリット!元大手リハスタ勤務がスタジオバイトの楽なところときついところを解説, アルバム紹介・解説|クイーンのラスト作ともいうべき『メイド・イン・ヘヴン』に“天国”からフレディ・マーキュリーが降臨!, アルバム紹介・解説|クイーン『世界に捧ぐ』——奇をてらわずストレート勝負の6thアルバムは名曲揃い!. スポットレンタル価格:55円(税込) メンバー各自が半年間のソロ活動を経て、84 クイーンの名前覚えられない問題1. クイーンオブザムーンオラクル . クイーン ザ・ワークス. ザ・ワークス / クイーン 全体の平均評価点 : (5点満点) (0 ... ロック&ポップス アーティスト : クイーン. クイーン ザ・ワークス ★レビューを参考にする. フォーマット : SA-CD: 組み枚数: 1: レーベル: Universal Music: 発売元: ユニバーサルミュージック合同会社: 発売国: 日本: 商品紹介 【SA-CD~SHM仕様】【シングルレイヤー】 活動休止からシーンに復帰、レディー・ガガの芸名の元にもなった「RADIO GA GA」(全英2 インパルス・レーベル創立60周年記念シリーズ「インパルス・ザ・マスターワークス on ハイレゾcd」 【uhqcd】【生産限定盤】 第1弾発売日:2020.05.20 第2弾発売日:2020.06.24 【mqa-cd】 […] クイーン/ザ・ワークスのレビュー 20件満足度評価なし。クイーン/ザ・ワークスに関する評判や満足度を知りたいときは、「ヨドバシ.comの商品レビュー」で。 旧作 . Radio Ga Ga2. ザ・ワークス 0.0点. Keep Passing The Open Windows8. 『ザ・ワークス』の先行シングルであった。. Machines (Or 'Back To Humans')6. 内容 カード 全44種(日本語版ガイドブック付属) 箱サイズ h 135 × w 100 × d 30[mm] 著者 ステイシー・デマルコ アートワーク キンガ・ブリッチギ 翻訳 野原みみこ. ザ・ワークス [shm-cd] 0.0点. 旧作; Tweet; ザ・ワークス(リミテッド・エディション) (2枚組 ディスク1) アーティスト: クイーン: ジャンル:洋楽 / ポップス / プログレッシヴロック / ハードロック / ロック. アーティスト: クイーン: ジャンル: 洋楽 / ロック / プログレッシヴロック / ハードロック. ザ・ワークス クイーン Queen. 商品名:クイーン - ザ・ワークス - 3,800円。総在庫10万枚超 レア盤から名盤まで1985年創業、凄腕専門スタッフがどのジャンルにも対応します アーティスト: クイーン: ジャンル: 洋楽 / ポップス / ロック / プログレッシヴロック / ハードロック. クイーン ザ・ワークス [shm-cd] 旧作. コメント 違反を報告. クイーン ザ・ワークス(リミテッド・エディション) (2枚組 ディスク1) ★レビューを参考にする. Queen – Radio Ga Ga (Official Video) ロジャー・テイラーの手になる大ヒット・ナンバーである。. 前作『ホット・スペース』に対して思うところがあったのか、シンセサイザーにその道に精通したフレッド・マンデルを迎え、クイーンはシンセサイザーを完全に使いこなしたクイーンの魅力が再び燦然と輝く11thアルバム『ザ・ワークス(原題:The Works)』を1984年に発表。, このアルバムはセールス的にも大成功を収める。大ヒット曲「RADIO GA GA」を含め、『ザ・ワークス』に収録されたいずれの楽曲も秀作揃いで、シンセサイザーを前面には出すことなく、飽くまでバンド演奏を中心に据えた音作りがクイーンの成熟を表している。, ロジャー・テイラーの手になる大ヒット・ナンバーである。『ザ・ワークス』の先行シングルであった。この曲で、クイーンはシンセサイザーとロジャー・テイラーのサンプリング、バンド演奏の見事な融合に成功していて、クイーンの進化が証明された楽曲といえる。, 『ザ・ワークス』の収録曲の中で最もシンセサイザー色が色濃いナンバーだが、そこはクイーン、前作『ホット・スペース』の轍は踏まず、クイーン流の上質のテクノ・ポップを聴かせている。, ブライアン・メイのギターが炸裂するブライアン・メイの手になるハード・ロック・ナンバーである。前曲「RADIO GA GA」とのコントラストも鮮やかで、これも、何でもこなせるクイーンならではの醍醐味といえる。, それにしてもこんなにブライアン・メイのギターが鮮烈なナンバーは久しぶりで、クイーン・ファンはブライアン・メイのギターが暴れ回るナンバーを待ち望んでいたはずである。それだけこのナンバーでのブライアン・メイのギターは白眉である。, これぞクイーンといったフレディ・マーキュリーの手になるクイーンの魅力が凝縮したナンバーだ。フレディ・マーキュリーの絶唱で始まるこのナンバーは、とてもドラマチックなナンバーで、フレディ・マーキュリーにバラードを書かせたならば、やはり、天下一品である。, もちろん、フレディ・マーキュリーはピアノを弾きながら情感豊かに歌い上げているのであるが、それとともにクイーンの結束感や成熟したバンド演奏は流石の一言で、聴き応え十分のナンバーである。, 前々作『ザ・ゲーム』で披瀝したフレディ・マーキュリーのエルヴィス・プレスリーばりのヴォーカルが堪能できるロカビリー風のナンバーである。, ピアノ、ベース、ドラムで基本の音作りがなされ、そのブルージーな演奏をバックにエルヴィス・プレスリーを意識したとしか思えないフレディ・マーキュリーのヴォーカルは、堂に入っていて聴かせるのである。, イントロや終曲での躍動感あふれるハチャメチャに楽しいフレッド・マンデルのピアノ演奏は、黒人音楽の聖地、ニューオーリンズの音楽にも通じるものを感じさせ、また、このナンバーでフレディ・マーキュリーが心ゆくまで歌うことを愉しんでいることがよく分かる。途中より参加のブライアン・メイの渋いギターも聴きもの。, シンセサイザーがとても効果的に用いられていて、ロボットの音声を思わせるような音や機械音を思わせる音などを織り交ぜながら「マシーン」を強く意識させるナンバーだ。, このナンバーはロジャー・テイラーの手になり、リード・ヴォーカルはフレディ・マーキュリーが務めているが、このナンバーではフレッド・マンデルのシンセサイザーが大活躍している。, フレッド・マンデルの参加でクイーンが生き生きと演奏し、フレディ・マーキュリーは歌うことに集中できているのではないかといえ、だからこの『ザ・ワークス』は多彩なクイーンの表情が垣間見え、聴いていて心楽しいのだ。, 既にヒットメーカーにまでその作曲の才能が開花したジョン・ディーコンの手になるナンバーで、この『ザ・ワークス』からシングルカットされて、大ヒットしたナンバーである。, ベースとドラムのリズム隊が音の基軸となっていて、曲の構造はとてもシンプルなのだが、メロディがとてもユニークで、また、歌詞も自由に対する物凄く強い思いを歌っている。, 途中のフレッド・マンデルと思われるシンセサイザーもまた、味があり、普通であれば、それはブライアン・メイのギターが担当するのであろうが、こなれたシンセサイザーが加わったことで、クイーンの演奏に幅ができて、音作りがとても面白いものになっている。, ドラマチックなフレディ・マーキュリーの手になるナンバーである。ジョン・ディーコンのベースとフレディ・マーキュリーのピアノというユニークな組み合わせを軸にした音作りで、それにロジャー・テイラーのドラムが絡みながら、フレディ・マーキュリーの歌声が伸びやかにして情感たっぷりに「愛が必要」と歌われている。, また、ブライアン・メイのギターはクイーンの一つの顔というべきもので、このナンバーでも味のあるテクニック抜群のギター演奏を聴かせていて、それがとても印象的だ。, ハードなブライアン・メイのギターが迫力満点のブライアン・メイの手になるナンバーである。リード・ヴォーカルはフレディ・マーキュリーが務め、ブライアン・メイのギターに負けない、力強い歌声を披露していて、また、クイーンならではの美しいコーラスも織り交ぜながら、クイーンが得意とするハード・ロック・ナンバーを聴かせている。, ブライアン・メイとフレディ・マーキュリーの共作である。当時のアフリカの悲惨な現状を目の当たりにしたフレディ・マーキュリーが「これが私たちが創った世界?」と問いかけているとてもリリカルなナンバーだ。, ブライアン・メイのアコースティック・ギターに寄り添いながらのフレディ・マーキュリーの歌は絶品で、とても心に染み入る美しいナンバーである。, シンセサイザーの使い手、フレッド・マンデルが参加したことで、この『ザ・ワークス』では、前作『ホット・スペース』で、音作りの基軸のベースの部分をシンセサイザーが担うというクイーンの本来のサウンドとの相性がちぐはぐだったところが完全に取り除かれ、『ザ・ワークス』ではクイーン・サウンドとシンセサイザーとの見事な融合を果たしている。, その象徴的なナンバーとして大ヒットした『ザ・ワークス』の先行シングル曲の「RADIO GA GA」が挙げられる。その他のナンバーでもシンセサイザーの使い方が絶妙で、だからこそ、『ザ・ワークス』でのクイーンは生き生きとしているのだ。, クイーンのバンド演奏は更に円熟味を増し、迫力のナンバーからリリカルなナンバーまで、多彩なナンバーが『ザ・ワークス』には収録されている。, 音楽ストリーミングサービスのSpotifyなら、本作『ザ・ワークス』を含めたスタジオ盤・ライブ盤・ベスト盤など、クイーンの全作品を聴くことができる。, Spotifyのプレミアムプランであれば、スマホでもシャッフル再生されることなく好きなだけ楽しむことができ、音楽のダウンロードも可能。もちろん、広告による途中の中断も一切なし。, 現在Spotifyでは、2019年8月31日までプレミアムプランの無料体験を60日間行えるキャンペーンを行っているので、この機会にぜひSpotifyへの登録がおすすめだ。Spotifyへの登録は以下のページから。, 1964年生まれ。栃木県在住。自費出版で小説『審問官』シリーズを第三章まで出版。普段はフリーのライターとして活動中。嘗ての角川書店の音楽雑誌「CDで~た」の執筆・編集・企画を担当という経歴の持ち主。, Queen – Tear It Up (Official Lyric Video), Queen – It's A Hard Life (Official Video), Queen – Man On The Prowl (Official Lyric Video), Queen – Machines (Or Back To Humans) (Official Lyric Video), Queen – I Want to Break Free (Official Lyric Video), Queen – Keep Passing the Open Windows (Official Lyric Video), Queen – Is this the World We Created…? Tear It Up3. 今日は「クイーン(Queen)」の84年2月発表、11th「ザ・ワークス(The Works)」を聴きました。僕が持っているのは、04年発売の紙ジャケット、0… クイーン結成40周年、フレディ・マーキュリー没後20周年を迎えたクイーン。84年3月に発売されたアルバム『ザ・ワークス』のshm-cd仕様盤。 © 2020 ロックリウム All rights reserved. ザ・ワークス - クイーン - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 Queen of the Moon Oracle (C)Stacey Demarco, JMA・アソシエイツ. The Works (邦題『ザ・ワークス』) 1984年発売tracks:1. 「ザ・ワークス」の前作にあたる「ホット・スペース」はディスコに寄ったアルバムでした。 でもそれがあまり評判良くなく、やはり元のクイーンらしくやろうとしてリリースしたのが本作。 う〜〜〜ん「ザ・ワークス」は良いですね〜! 旧作; Tweet; ザ・ワークス アーティスト: クイーン: ジャンル:洋楽 / ポップス / ロック / プログレッシヴロック / ハードロック. クイーン ~ ザ・ワークス 映画「ボヘミアン・ラプソディ」に描かれた最悪の時期にあたります。 各メンバーはそれぞれがソロ活動に力を注ぐことになります。 Man On The Prowl5. 【ネタバレなし】シーズンごと ランダム紹介1.1. 目次 0.1. クイーン「ザ・ワークス」ems-91076 queen / the works. 1927年創業で全国主要都市や海外に店舗を展開する紀伊國屋書店のサイト。ウェブストアでは本や雑誌や電子書籍を1,000万件以上の商品データベースから探して購入でき、2,500円以上のお買い上げで送料無料となります。店舗受取サービスも利用できます。 It's A Hard Life4. orc218. I Want To Break Free7. 役に立った. クイーン結成40周年、フレディ・マーキュリー没後20周年を迎えたクイーン。84年3月に発売されたアルバム『ザ・ワークス』のSHM-CD仕様盤。「RADIO GA GA」、「テア・イット・アップ」、「ブレイク・フリー(自由への旅立ち)」他収録。 もはや私の生活に根付いているロックがクイーンなんですよね。日常生活にいつもある音楽なんですよ。, ということでここではクイーンのおすすめアルバムを個人的な目線で紹介したいと思います。, Amazon Music Unlimited なら、下記のようにクイーンのオリジナルアルバムが全部聞き放題です。, 「ボヘミアン・ラプソディー」、「ジュエルズ」、「ライブ・エイド」などベスト盤やライブ音源も聞けるのでおすすめですよ~!, やはり「オペラ座の夜」には「ボヘミアン・ラプソディー」という歴史に残る世紀の名曲がありますからね。, 尺が長くてラジオでは嫌がれるかもという懸念がありましたが、リリースすればそんな懸念はどこへやら。大ヒットしたんですよね。, そして「ボヘミアン・ラプソディー」だけでなく、ブライアン・メイの「’39」やロジャー・テイラーの「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」、ジョン・ディーコンの「マイ・ベスト・フレンド」というメンバーそれぞれの個性あふれる、かつイケてる曲があるんですよ。, クイーンは多様な音楽性を持つバンドなので、それぞれの人にとっての一番は分かれるところでしょう。, You’re My Best Friend クイーン 1975/11/21 ¥250 , レコードだった当時にしかわかりませんが、A面がブライアン・メイが書いた「サイドホワイト」、B面がフレディ・マーキュリーが書いた「サイドブラック」に分かれていて、それぞれテーマが異なるのです。, サイドホワイトが叙情的で神秘的なサウンドであるのに対し、サイドブラックは重く深いシリアスサウンド。この対比が「クイーンⅡ」の面白いところ。, クイーンといえば80年代のポップさが協調されたサウンド、曲が一般的なイメージかもしれません。しかし、彼らが成功を収める前の傑作も最高ですよ。, White Queen (As It Began) クイーン 1974/03/08 ¥250 , 70年代後半、パンクロックブームで苦しい時期だったクイーンがリリースした「世界に捧ぐ」。, クイーンの代表曲として誰もがよく知る「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と「伝説のチャンピオン」が収録されてるアルバムです。, この2曲は当時両A面シングルとしてリリースされ、2曲どちらとも大ヒットしたんですよね。, 誰もがノれる口ずさめるようなキャッチーな曲で、スポーツの応援歌としても用いられ・・・今となっても世界中で溺愛される2曲。, We Are the Champions クイーン 1977/10/07 ¥250 , 「ん?1995年??」と思いますよね。そうです、1995年ということは、フロントマンであるフレディ・マーキュリーが亡くなった後です。フレディは1991年に亡くなりましたから。, クイーンは、「メイド・イン・ヘヴン」の前の作品である1991年発表の「イニュエンドゥ」直後に少し曲を録ったのです。その録音を、メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーがフレディの死から4年後に追加でレコーディングし、それを発表したというわけです。, 「イッツ・ア・ビューティフル・デイ 」は明るい朝が訪れてすばらしい一日がはじまる・・・というポジティブなイメージをしてしまいますが、実際は希望なんてない絶望の曲。, もう自分に残された時間がないことを悟ったフレディだからこそ、世界の美しさ、生の喜びも歌えるのです。, 「レット・ミー・リヴ」はフレディの心の底から生きたいっていう気持ちが苦しいくらい伝わります。, 「マザー・ラヴ」はフレディがコーラス録りきれなくて、ブライアンが最後歌っています。, フレディ死後ということでクイーンの名盤として見逃しがちかなと思いますが、美しさと悲しみなど複雑な感情を起こさせる一枚。, 聞くといつもシュンとした気持ちになってしまうんですけど、とても美しく儚くて私は大好きです。, It’s a Beautiful Day クイーン 1995/11/06 ¥250 , 個人的には初期のクイーンのアート色強めな感じが好きなので「ザ・ゲーム」はそこまで聞かないんですが、中期クイーンのピークがここかなと。, 「今日はクイーンの何のアルバム聞こうかな〜」というときに「とりあえずコレ聞くか!」と無意識にかけてしまう。私にとってはそんなアルバムです。, 「愛という名の欲望」や「地獄へ道づれ」は一瞬にして惹きつけられる魅力ある曲ですし、「セイヴ・ミー」もクイーンを代表する曲ですしね!, Another One Bites the Dust (2011 Remaster) クイーン 1980/06/30 ¥250 , 「ザ・ワークス」の前作にあたる「ホット・スペース」はディスコに寄ったアルバムでした。, でもそれがあまり評判良くなく、やはり元のクイーンらしくやろうとしてリリースしたのが本作。, 「レディオガ・ガ」に「ブレイク・フリー」、「ハマー・トゥ・フォール」という超強力な名曲が収録されていますし、「永遠の誓い」や「悲しい世界」も良い。, 「ブレイク・フリー」のメンバーが女装したミュージックビデオはアメリカでの評判は良くなかったみたいですけどね・・・イギリスではユーモアと捉えて笑うけど、保守的なアメリカではそうはいかなかったようです。, ということで「ザ・ワークス」はこの順位に。クイーンは良いアルバムが多すぎてこの順位になりましたが、名盤であることは間違いありません。, 中でも「輝ける日々」は、これまでのクイーンでの思い出、ファンへの感謝の気持ちを歌っているようで切ない。でも、それなのにすごく美しい。, 「ショウ・マスト・ゴー・オン」も、自分の亡き後のクイーンのことを歌っているように感じられたりして、胸に迫る思いがします。, 曲の展開が途中ガラッと変わったり、イエスのスティーヴ・ハウが参加しているというのもあって、プログレ的なものを感じるんですよね。, 最後の最後までドラマティックで心つかむ曲を作ってくるんだからクイーンって偉大だ・・・。, 初期のクイーンっぽさも感じられて、最後にして原点回帰というのも印象に残るところです。もっとクイーン聞きたかったなぁ。そう思わずにはいられない。, このときすでにフレディは病魔に侵されているんですが、それを微塵も感じさせない力強さと楽曲のクオリティがありますね。, 後期のアルバムということもあって、「ザ・ミラクル」を聞いているとバンドの歴史が走馬灯のように駆け巡るんですよ(私が言うのもおかしな表現ですが)。, 苦戦したデビュー時、栄光をつかんだ70年代、低迷を経験した80年代、メンバー同士の確執、フレディの病気・・・いろんな苦難があったし、フレディの奔放さにメンバーも戸惑うこと会っただろうな、とか感じたりして。, でも、それを経て今のクイーンがある。そんな充実感を「ザ・ミラクル」を聞くと感じられます。, 時期的にどうしても悲壮感が湧いてくるのに、やりたい放題やってるな!とついついクスッとしてしまう瞬間もあったりして。「ザ・ミラクル」はそういうところも好きです。, 前作が最高傑作レベルの名盤なので、どうしても比較すると「オペラ座の夜」のほうが・・・と思ってしまいますが、それでも良いアルバムです。, 「ボヘミアン・ラプソディー」のように衝撃的な曲はないにしても、「愛にすべてを」は美しくドラマティックな名曲だし、「懐かしのラヴァー・ボーイ」はあたたかみのあるやわらかなメロディが魅力的だし、「手をとりあって」は静かで優しい曲。, 印象に残る曲は「オペラ座の夜」に負けず多いんですよね。バラエティーも豊かだと思うし、いろんな表情を見せてくれるアルバムで楽しいです。, 多くの人の心をガッチリつかむメロディ、ポップ&キャッチーなつくり。これぞクイーンだなという感じの音にワクワクしますね〜。, 本作以降はフレディの病気がチラついて暗い気持ちを伴うこともあるのですが、「カインド・オブ・マジック」は純粋に楽しい!, (「リヴ・フォーエバー」なんかはどういう心情を歌った曲なのかなと考えてしまいますが・・・), 壮大で厚みある世界観を持つ「クイーンⅡ」とクイーンの大名盤「オペラ座の夜」の間に挟まれたアルバムということもあり、「シアー・ハート・アタック」はやや見過ごされがちかもしれません。, とはいえ、「キラー・クイーン」や「ナウ・アイム・ヒア」という破壊力ある曲はあるし、なにげにロジャーの「テニメント・ファンスター」も良いと思うし、楽曲は粒ぞろいなんですよね。A面が本当にすごく良いんですよ。, 名盤が多い中で一番にはおすすめしにくいけど、初期のクイーンならではのハードさ、気取った空気感があって私は結構好きですね。, 今でこそ代表曲である「炎のロックンロール」も見向きされなかったんですよね。時代的なものというか、運の要素も必要というか・・・。, 1973年というと、エルトン・ジョンやデヴィッド・ボウイなどほかにも注目を浴びるミュージシャンが多くいたこともあり、時代的なものもあって埋もれてしまったわけです。, でも良いですよね。このころからクイーンらしさが感じられるし、「炎のロックンロール」はめちゃくちゃ名曲だし。, 次作にあたる「クイーンⅡ」に収録される「輝ける7つの海」がショートバージョンで聞けるのも面白いし!期待をもたせる演出がまた良いんですよ。, 「世界に捧ぐ」〜「ザ・ゲーム」の時期はポップさと力強さがあって、どっしりとした安心感があるんですよ。, ただ、ピリピリそわそわする曲のほうが好きな私はクイーンでは聴く頻度の低いアルバムです。, 「アンダー・プレッシャー」は良い。デヴィッド・ボウイとの共作「アンダー・プレッシャー」は本当に良いんです・・・。, クイーンはその多様性が特徴でもありますが、多様さゆえにやっぱり好きになれないアルバムも出てくるんですよ。, アルバムのクオリティ云々ではなく、単純にディスコっぽいのがなぁ・・・って感じですね。一番好みが分かれるアルバムかなと思います。, 15枚あるオリジナルアルバムのうち「フラッシュ・ゴードン」がこの順位なのは、私が映画を未鑑賞だからかもしれません。いや、きっとそうでしょう。, 映画のサントラということもあって、ほぼインスト曲なんですよね。映画を観ていたら「あ、これはあのシーンの・・・!」と聞いていて楽しいかもしれませんが・・・観ていいない私はそれほど・・・というのが正直なところ。, とはいえ、クイーンってこんなこともできるのか!という発見はありますね。「フラッシュ・ゴードン」という映画のサントラまでやってしまう。改めてクイーンの多様性を感じることができます。, とくに「オペラ座の夜」、「クイーンⅡ」、「世界に捧ぐ」は鉄板の名盤。これらなしにクイーンは語れないかなと!, あとフレディ死後のリリースのためあまり名前が挙がらないかもしれませんが、個人的には「メイド・イン・ヘヴン」も聞いてほしいところです。歌詞を見ながら聞くと涙が止まらなくなること間違いありません。, 美しいけれど悲しくて、そこに胸打たれるんです。目立ちこそしないですが、グッとくる名盤です。, 「オペラ座の夜」に隠れてしまいがちだけど「愛にすべてを」や「懐かしのラヴァー・ボーイ」といったヒット曲あり!, ライヴ・エイドで復活したクイーンがリリースしたのは安心のポップなクイーンサウンドだった, ディスコに寄った異質なクイーンが聞ける。好みは分かれる。「アンダー・プレッシャー」が良い, 映画のサントラ。クイーンの幅の広さが確認できる。映画を見ていないとあんまりピンと来ないかと. シーズン11.2. このオークションの出品者、落札者は ログインしてください。 この商品よりも安い商品. この曲で、クイーンはシンセサイザーとロジャー・テイラーのサンプリング、バンド演奏の見事な融合に成功していて、クイーンの進化が証明された楽曲といえる。. クイーン - ザ・ワークス - emc2400141 のレコード買取とレコード通販はオンラインショップのスノーレコードへ。各種レコードのデータも無料公開中。レコード収集の一助にぜひ当サイトをご利用下さいま … 戦慄の王女 - クイーン ii - シアー・ハート・アタック - オペラ座の夜 - 華麗なるレース - 世界に捧ぐ - ジャズ - ザ・ゲーム - フラッシュ・ゴードン - ホット・スペース - ザ・ワークス - カインド・オブ・マジック - ザ・ミラクル - イニュエンドウ - メイド・イン・ヘヴン フレディが病気に苦しみ、確実に迫りくる死に絶望を感じてる心情を歌っている曲もあり、とても悲しい気持ちにもなるアルバムです。, Another One Bites the Dust (2011 Remaster), 世界にクイーンが主役であると知らしめた「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と「伝説のチャンピオン」. このオークションは終了しています . ウォッチ touch タッチ the complete works i & ii ザ・コンプリート・ワークス 日本盤 ファースト セカンド.

名古屋市緑区 美味しい 店, 真 田丸 15, Twitter 文字化け 解読, ワンピース 5ch まとめ, 蚊 がい なくなる スプレー コバエ, 日本 湾 有名, 上野 深夜 時間つぶし, ウォーキングデッド リック 復活,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です